喜玄イベント開店のための準備

営業許可証(露天商・40L)

許可申請

16,000円程度(当日支払い)
事前に予約しておくと、設備もチェックしてくれます
保健所に行く前に金額と必要なもの確認をして準備すればスムーズです

出店場所によって、その地域の申請がその都度必要になります
年に1度の場合は臨時許可申請(無料)で出店できます

設備

5〜8万円程度(自宅にあるものを使って節約しましょう)
ほぼ全品、Amazonやホームセンターで揃います

保健所で確認するもの一覧
※自治体により、準備するものが変わる場合があります

  • テント(屋根付き)※2m四方や3m四方などを決める
  • テント3方囲い(4方囲いを買っておけばOK・追加でメッシュタイプもあれば)
  • テーブル(テントサイズに合ったキャンプ用折りたたみが3〜4台あれば大丈夫)
  • 前掛け布(前が全部隠れるように)
  • 水タンク(合計で40L以上)
  • 排水タンク(同量のバケツ等)
  • 冷蔵庫やクーラーボックス(温度計を付ける)
  • フタ付きコンテナ(容器や備品などを入れる・45L程度が2〜3個あれば)
  • ゴミ箱(フタ付き?)
  • アルコール消毒液

その他、必要なもの一覧

  • ガスコンロ、またはIHコンロなどお湯を沸かせるもの
  • 消火器
  • 紙コップなどのカラトリー(シモジマなどで購入)
  • やかんと保温ポットなど
  • テントを固定するオモリやロープなど(風対策してください)

テーブルクロス(12,000円)、店舗幕(6,000円)、のぼり幕(2,000円)が準備できます。

食品衛生責任者の資格

10,000円程度/6時間程度の講習
保健所で事前に予約して受講しておくこと
許可申請時に予約して、後日受講でも可

ここまでが、営業許可に必要な内容です
自宅にあるものを使って全体で10万円くらいでいけると思います

番外編

発電機、IHコンロやガスコンロを使用する場合は消火器が必ず必要になります
イベントではたまに消防の見回りが来ます、持ってないことが見つかると営業できません

イベント毎により、テントを固定するおもりやペグ打ちなどが必要になることがあります
地面がコンクリートだったり、芝生だったりするので事前に確認して準備しましょう

心配なら食品衛生協会に加入し、保険に入っておく(プランによるけど年間1万円ほど)
民間の保険でもOK

PAGE TOP